耳鼻咽喉科の医師募集ナビ

耳鼻咽喉科へ医師として転職するなら

求人探しから就業後まで、転職のプロのキャリアコンサルタントがサポートしてくれるリクルートドクターズキャリアをご存知ですか?転職に利用しないのはもったいないサービスです。

耳鼻咽喉科の非公開求人を詳細な条件で選べるから、一人で探す転職活動よりずっと効率的です。その上利用料は0円だから驚きですね。

耳鼻咽喉科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数が圧倒的に豊富であり、スタンダードな耳鼻咽喉科の案件なら豊富に取り揃っている。
■耳鼻咽喉科の求人の中でも、ハイクラス案件が揃っており、収入アップ目的の転職にはオススメ。
■耳鼻咽喉科への転科転職でも、未経験OKの案件も取り揃っているから安心。



医師転職ドットコム 無料 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数は業界No.2とも言われているほど豊富で、耳鼻咽喉科のようなスタンダード案件も網羅。
■年収アップ率が高いエージェントとして有名で、高収入な耳鼻咽喉科案件を探したいならココ。
■耳鼻咽喉科の求人でも、クリニック勤務、完全週休2日、などのこだわりの案件が見つかる。



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
幅広く医療従事者の転職サポートを行なっているため、各耳鼻咽喉科医院へのパイプがある。
現役医師の利用率が業界No.1であり、耳鼻咽喉科の医師の利用者も当然に多い。
■数多くある耳鼻咽喉科の案件でもエムスリーならではという独特の求人が多い。



MCドクターズネット 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
スカウトメールなど機能性が豊富であり、良質で最新の耳鼻咽喉科求人を見つけられる。
耳鼻咽喉科の医療情報がいち早く手に入れることが出来る情報コンテンツが豊富
■医療従事者全般の転職サポートを手がけ、それぞれに実績があるため医療機関からの信頼度が高い。



JMC 無料 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■キャリアコンサルタントの質が高く、耳鼻咽喉科の医師のキャリアパスの作成にも定評がある。
求人探しから、コンサルティング、転職後と一人の担当者が最後まで責任を持ってくれる。
耳鼻咽喉科の医師の悩みの解消など良き相談相手としても使えるエージェント。



耳鼻咽喉科の医師の採用先は?

様々にあるドクターの診療科の中でも、耳鼻咽喉科へと転職を希望している方はいらっしゃることでしょう。耳鼻咽喉科という医師は、内科や小児科といったものと比較した場合、専門性の強い診療科になるといった特徴があります。専門性が高いということで、独立開業をしているドクターや、その専門性の高いクリニックといったものが多くなっているというのが現状です。こういったことからも耳鼻咽喉科の医師の採用先というのは、総合病院は当然のこととして、中小規模のクリニックなどでも募集求人が出されている状況です。

耳鼻咽喉科は専門性が高いと前述にも述べましたが、その上で耳鼻咽喉科が受け持っている、耳や鼻、そして喉といったところは、人間の大事な五感を司っているところであるため、日常生活に支障をきたしてしまう大事な器官を担当するということになります。単純にこれらの箇所の疾病の治療ばかりではなく、加齢などから低下してしまった聴覚、味覚、嗅覚といったものの機能回復といった所までが耳鼻咽喉科の医師の仕事になります。

更にまだまだ小さな赤ちゃんの患者さんから、高齢者に至るまで、非常に患者さんの幅が広い診療科としても知られています。こういった特徴がありますから、基本的には地域に密着しているような中小規模のクリニックが多く存在しており、求人も沢山に出されているような状況です。一般的には、こういった病院へと患者さんが赴き、その後に改善が見られない場合には、他のクリニックか、総合病院の耳鼻咽喉科に行くというケースが多いですから、どの施設でもドクターの需要は高いのです。

外科と内科といったもので迷っているレジテントは多いものですが、その両方の要素に深く関わることが出来るのが耳鼻咽喉科になります。外来はもちろん、病棟やオペ室といったあらゆる現場に携わっていくことになります。耳や鼻、頸部といった箇所の場合には、本当に多彩なオペの種類があり、基本的にこういったオペに携わりたい方は、中大規模の医療機関を選択すると良いでしょう。

このように内科的な要素を多く含んだ仕事をしたいのか、外科色の強い仕事をしていきたいのかでも、耳鼻咽喉科の医師の選択すべき勤務先というのは違ってくることになります。どちらの分野でも、需要は非常に高い診療科ですし、将来性も明るいため、今後もこの状況が変わるといったことはないでしょう。自分のドクターとしての進みたい方向をまず決めてから転職活動を行いたいところです。


Copyright (C) 2014-2016 耳鼻咽喉科の医師募集ナビ All Rights Reserved.